- INFORMATION -
次回のK.Y.M.M.は2017年12月17日(日)を予定しております
各種お問い合わせ、ご質問、制作代行やお仕事のご依頼などありましたらこちらのメール送信フォームよりご連絡ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-STYLE・イングラム 本撮影(仮?)

ちょっと機会があったので、ついでにアルフォンスも撮影しました。
ただまぁ、諸事情あって今回はアクションなしの素立ちオンリーなんですが。
…一応、(仮)って事で(^^;

dst_av98_221_0930_1.jpg dst_av98_221_0930_2.jpg
今回は、ホワイト部分にMGパールプレミアムを載せてから、
全体をガイアノーツの蛍光クリアーでコートしています。
背面の画像とか、思ったよりパールが載ってる感じがしますね。

dst_av98_221_0930_3.jpg
メインカメラに仕込んだハイキューさんのオーロラアイズ(透過)は、
かなり光を拾ってくれるみたいなので良い感じにキラっとしてくれます。
額のカメラもなんかすれば良かったかな?
手首も地味にディテールを彫り直したり関節ディテを追加したり。

肩の回転灯内部の塗り分けにはアルクラッドのホロマティックカラーを使っています。

dst_av98_221_0930_4.jpg
P1ポスター風、と思いましたが角度がちょっと違うか…(^^;
全身そうですが、プロポーションやバランスは全く弄ってません。
好き好きかもですが、この頭部のカッコ良さは異常(笑)

dst_av98_221_0930_6.jpg
各マーキング、デカールは作例と別にデータから新規に作り起こしです。
今回はTV版なので使い道がありませんが、P1版の部隊章も作り直しました。
ナンバープレートは後ろの方がかなり大きいので、
前後でそれぞれ専用のものになってたりします。

後はTV版って事で、細部のカラーなど、使う色が若干少なくなっていたり。
シールドのボルト周りは関節カバー色と同じ(裏もそう)で、
首のシリンダーも本体色の白のままです。
関節カバーはTV版用に新しくライトブルーグレーを作りました。

dst_av98_221_0930_7.jpg dst_av98_221_0930_8.jpg
地味で目立たないんですが、右のロッドアンテナの根元は
綺麗に丸くなるように削りこんでスジボリをいれ、
ハッキリと別パーツに見えるようにしています。

シールド取り付け部分の、左下腕の切り欠きが目立たなくなっているのも
この角度なら分かりますね(=この角度じゃないと見えない、って…)。

dst_av98_221_0930_9.jpg
諸事情で、塗装してからまだ一度も持たせてない装備品(汗)
どちらもグリップ部分の太さは、塗膜分を調整して削っていますが
それでも削れちゃう時はありますから…。

リボルバーは銃口を彫り直したのみ。
ブラックを下地にMGパールを載せています。
グリップはマホガニー+RLM78サンドイエローで。

スタンスティックは格段の付け根をしっかりスジボリ。
カラーは劇場版と共通でこんなんだ思うんですが…。
何故か“白い警棒”ってイメージが強くて、なんとなく違和感あり?

…という感じですかね。
アクション関係の写真は、またいずれ撮り直しますー。
 
スポンサーサイト

ロールアウト

毎度ご無沙汰の管理人でございます。
放置しててスミマセンでした。
なんとか更新復活できるかもな感じなので
引き続きよろしくお願い致します。


で、アルフォンス完成しました!
まさかの肩アーマーエナメルクラッシュで仕事&修羅場りで
ドカンと間が空きましたが、今日やっとこ!

あ、twitterではつぶやいたりしたんですが、
壽杯はスケジュールの都合で断念しました…残念…。

まだキチンと写真撮ってないのでとりあえずの画像ですが、
dst_98_221_0907_1.jpg dst_98_221_0907_2.jpg
アンテナ先端がちょっと濃い目なのは仕様です(^^;
ホワイトは作例と全く一緒ですが、今回はMGパールを軽くオーバーコート。
それからクリアーコートの途中でガイアノーツの蛍光クリアーも使ってます。
なんとなくです(笑)

dst_98_221_0907_3.jpg
多分、書いてなかったと思うんですが、カメラのレンズ部分は、
Hアイズからハイキューさんのオーロラアイズ(透過)に変更しました。
なんとも言えない奥行き感と反射の具合で、これは正解だったかなと。
肩アーマー後ろの謎○(カメラなのかライトなのか)にも同じものを使ってみました。

dst_98_221_0907_4.jpg
フェイスガードの加工はやりすぎたかな?
とも思っていたんですが、いい具合になったんじゃないかなと。

dst_98_221_0907_5.jpg
今回はリボルバーカノンにもマーキングを貼っています。
一応D-STYLE様にサイズ調整してるんですが、
ほとんどMGイングラム用と変わりませんでした(^^;


ざざっ、とですが、とりあえずこんなもんですね~。

イングラム、きどぅ・・・あれ?

本当なら、今日の更新で
「イングラム完成しましたー、とりあえず仮撮影。」
と、なるはずだったんですが…。



dst_98_221_0806_01.jpg


↑良く見てください。
リボルバーと警棒、ポリパーツ以外で無いパーツがあります。


dst_98_221_0806_05.jpg


肩アーマー。
ちなみにさっき撮った写真です。


ゴール手前でまさかの
dst_98_221_0806_02.jpg
dst_98_221_0806_03.jpg
エナメルクラッシュ。

キットを組んだ方はすぐに察しが付くと思いますが、
原因は赤色灯のクリアパーツをつけたまま

ついうっかり というか、考え事してて ぼーっと
そのままスミイレしちゃったからです…。


dst_98_221_0806_04.jpg
『回転灯には効果ないと知りつつホログラフィックカラーを使いました』
というコメントを書くための画像ですが、
右側には既にクリアパーツを取り付けてます。

そう、“スミイレするの忘れちゃってた、テヘ。”という事です。
(上の画像、まだスミイレ前なんです。
 画像だけ見れば、スミイレしなくても良さげ…)

てか、余計な所に流すんじゃなかった…。
とは言ってもボーっとやってたからそれにも気付かなかった訳で。

とりあえずドボンしたのが
dst_98_221_0806_05.jpg
さっきの画像です。

…良いんだ、熊耳さんだってミスする事あるんだ。(←コミック版)
「次はうまくやりましょう!」

リカバリーするぞー!



…と、仕事やら初盆やら何だかんだで、
結構バタバタになってきました。
すでにその傾向が顕著になっていますが、
また暫く更新頻度が下がると思いますので、
申し訳ないですが、そのつもりで覗いて頂ければ幸いです~!
 

デカール出来!

印刷終了ー!
dst_av98_221_2_d.jpg
左下が余白に見えますが、白文字で『特2.01』とあります。
リボルバーに貼る分ですね。

で、もう貼ってますが、
只今乾燥待ちの時間でございます。
赤三角と白三角は、号車番号の横に貼るやつですが
TV版準拠なので白三角(実際は枠線のみの印刷)を使いました。


一応、グロス仕上げなんでチョイチョイ待ち時間が発生して
気持ちと裏腹に牛歩にならざるをえない感じですなぁ…。
 

デカールデータ製作中[Dst・AV98]

正直、忙しくてほとんどデカールデータは作れてないんですが
質問があったので、自分のやってる方法をちょっと紹介してみます。


大まかな流れですが…

 MGに付属のシールをスキャン
→それに合わせてイラストレーターでデータ製作
→D-STYLEに合わせて、サイズ等の調整
→普通紙にテスト印刷
→切り出して実際にキットに合わせる
→問題なければ本番印刷、調整が必要なら前3つを繰り返し

という具合です。


えーと、実際の作業画面、の一部ですが
01.jpg
緑台紙のシールと方眼目がスキャンした画像です。
赤線は、縦横をそろえるための基準の枠。
グリッド(基準線)を表示させるよりも、この方が早いので
長方形ツールで適当に描いています。

上の画像では、“警視庁”の“警”の“敬”までデータができてます。

ちなみに、レイヤーはまだ2つです。
02.jpg
(“レイヤー”は透明なフィルムを想像して下さい。
それが2枚重なっているわけです)

『MG用シール』がスキャンデータ表示。
『ロゴ(警視庁)』はそのままの意味です。

レイヤーの名称は暫定で付けているだけなので、
作業工程に応じて枚数共々変わっていきます。
P1版の部隊章が一番レイヤー使うかな?


“警視庁”の部分。
これはスキャンした画像のみ
(『MG用シール』のレイヤー)を表示した所。
03.jpg

この上の『ロゴ(警視庁)』のレイヤーでデータ化の作業をします。
04.jpg
05.jpg
上は重なったレイヤーを全て表示したもの、
下は『ロゴ(警視庁)』のみを表示。
印刷する時は、下の状態で印刷するわけです。
これならシールの台紙も方眼目も関係ないですね?


ついでに、“敬”の部分のパスはこんな感じです。
06.jpg

基準無しでこんなの作れるわけ無いので、
当然グリッドを表示して作業してます。
07.jpg
時折グリッドの設定を変えながら、『グリッドに吸着』の機能を使いながら。
基本的に直線で構成してから、
必要な部分にアンカーポイントを追加して曲線にする、って具合ですね。

部隊章はともかく、“警視庁”とか“1”とか直線主体のフォントで助かります(^^;


実際の作業の時は、元の画像もないと合わせられないので
08.jpg
こういう感じですね。
ホントはもっと拡大した状態でパスを弄ってますけど…。

とまぁ、大体ですがこんな感じでチマチマチマチマパスを弄って作ってます。
 
NEXT≫
New & 注目 アイテム




リンク(メーカー/ショップ)
プロフィール

をたる (松本 尚文)

Author:をたる (松本 尚文)
フィニッシャー / 原型師
…みたいな感じの人っぽいです。

メーカーさんの完成見本製作を担当していたり。
制作代行をしていたり。

ディーラー名『工房 風舞』でワンフェスに参加(基本的に冬のみ)
次は2016[冬]に参加予定?

BOOTHにてオリジナルフィギュアを通販中。
https://kb-fu-bu.booth.pm/

HPはこちら→風の舞う場所

メールはこちらからどうぞ
ついったー
ブログ内検索
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
Lc.ツリーカテゴリー
最近のコメント
Lc.ツリーリンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。